札幌市の各区別新型コロナウイルス新規感染者数(1月4日~1月10日、1週間分)は下記の通りです。カッコ内は前週(12月28日~1月3日)。

中央区 90人(77人)
豊平区 74人(50人)
北区   70人(51人)
東区   68人(52人)
白石区 60人(42人)
西区   57人(53人)
手稲区 35人(22人)
南区   33人(22人)
厚別区 28人(14人)
清田区 19人(3人)

 全区で新規感染者数が前週よりも増加しています。要警戒です。

 このデータは、札幌市医師会が「札幌市の感染状況・医療提供体制の週間分析」としてまとめたものです。自分の生活権での感染状況が分かり、感染防止の上でとても参考になります。

 札幌市医師会は「流行を抑え続けるためには、早期検査ができる体制が重要」と訴えています。そして「発熱や風邪症状のハイリスク患者や、その同居者、介護者、同じ職場の方の積極的な検査による早期診断をお願いします」と呼び掛けています。

 やはり検査が大事なようです。

[広告]