札幌市の各区別新型コロナウイルス新規感染者数(1月11日~1月17日、1週間分)は、下記の通りです。カッコ内は前週(1月4日~1月10日)。

北区   107人(70人)
中央区 104人(90人)
白石区 63人(60人)
豊平区 49人(74人)
東区   45人(68人)
西区   43人(57人)
厚別区 31人(28人)
手稲区 29人(35人)
南区   14人(33人)
清田区 14人(19人)

 北区、中央区、白石区、厚別区の4区は前週よりも増加しました。他の6区は前週よりも減少しました。

 北区が中央区を抜いて最も新規感染者数が多くなりました。

 このデータは、札幌市医師会が「札幌市の感染状況・医療提供体制の週間分析」として公表したものです。自分の住む生活権の感染状況が一定程度わかり、とても参考になります。

 札幌市の新規感染者数は依然と高止まりの状況のようです。なかなか感染者数が減りません。引き続き緊張感が必要のようです。

[広告]